メニュー

衣のUDプロジェクト

目的

「ユニヴァーサルデザイン」という万人に受け入れられることを目的としたデザインと「ファッション」という個性や流行を重視したものという一見相反する概念を融合させることをテーマに活動を続けています。

活動内容

<その機能は美しいか>

衣服におけるユニヴァーサルデザインの構築UD製品の研究、開発、普及

それには<産学民共同>作業は必須事項

・新しい素材・副素材の情報と提供
・製品化による社会貢献
・衣服の学問的見地、ファッション情報
・評価・検証とデータ収集
・ニーズの発掘
・情報交換

産・学・民 共同で創造していく 図

災害時にも役立つUDジャケットの製作

収集した数々の情報を基にUDジャケットを災害時にも役立つものに発展させる。

UDジャケット 画像1

UDジャケット 画像2

▲ポケットを改良し防災品を収納

UDジャケット 画像3

▲背中にも収納ボックスを内蔵

UDジャケット 画像4

▲フード内にショックアブソーバー

UDジャケット 画像5

▲袖口や肩に再帰反射テープ

成果報告

ページトップへ戻る