第7回国際ユニヴァーサルデザイン会議 2019 in バンコク

メニュー

活動紹介

ユニヴァーサルデザインのさらなる普及と実現を通して、社会の健全な発展に貢献するために、また日本発のユニヴァーサルデザインを広く世界に発信し、ひいては、人類全体の福祉向上に寄与する事を願って、活動を推進しています。業種業態の異なる様々な企業・団体・個人のご協力により推進している活動内容をご紹介します。

研究活動

できる限り多くの人々が快適に暮らしやすい社会の実現をめざし、さまざまな生活シーンにおいて魅力ある製品やサーヴィスを創出するため、業種・業態を越えた共同研究プロジェクトを幅広い視点で推進しています。各プロジェクト別に活動内容を紹介します。プロジェクト名をクリックして詳細をご覧ください。(PJ=プロジェクト、WG=ワーキンググループ、SWG=サブワーキンググループの略称となります)

研究部会活動 図 ワークスタイルPJ 移動空間PJ 衣のUDPJ メディアのUDPJ 余暇のUDPJ 手話用語SWG 標準化研究WG 住空間PJ

お知らせ

第2回IAUD住宅コンペ『UDプラスの家~「ゼロからつくる日本の住まい」を考える~』開催のご案内 画像

第2回IAUD住宅コンペ『UDプラスの家~「ゼロからつくる日本の住まい」を考える~』開催のご案内

IAUDの研究部会では、昨年に引き続き、学生の皆さんのUDプラスの発想による「ゼロからつくる日本の住まい」についてのアイデアを募ります。「これからの日本の住宅を担うみなさん」が「これからの日本の住宅」をどのように捉え、どのように住まいを変化させ、歓びがある暮らしを実現したいと感じているのかを表現してください。従来の制約にとらわれないフレッシュで斬新な住まいと暮らし方を提案してください。

2018年07月10日掲載

ページトップへ戻る