メニュー

ごあいさつ

総裁 瑤子女王殿下 写真

新総裁となりました寛仁親王の娘の瑶子でございます。未熟者ではございますが、ご挨拶させて頂きます。
皆様は父から何度となく「100 %の障害者はいないし、100%の健常者もいない」という言葉をお聞きになっているかと思います。私もその通りだと思っておりますし、その考えのもとに過ごしてまいりました。したがいまして、父の言葉に優るものはないのですが、あえてこの言葉に私の言葉を付け足すとするならば、「だからこそ、ありのままの自分と向き合い、そして人との繋がりを持ち、助け合い補い合っていくべき」ということです。
この国際ユニヴァーサルデザイン協議会が、これからも架け橋となり、道標を示すものとなることを願っています。

総裁 瑤子女王殿下

理事長 清水 隆明 写真

ユニヴァーサルデザインは全世界の全ての人々のため、国境や民族の違いを超え広く連携していくべき活動でございます。
国際ユニヴァーサルデザイン協議会は、設立当初からの理念と変わらず「一人ひとりの人間性を尊重した社会環境づくり」を推進していきます。
そして、 東京 2020 オリンピック・パラリンピックに向けた活動を通し、さらにそれ以後も持続可能な質の高い社会の実現と更なるユニヴァーサルデザインの発展に向け、活動に取り組んで参ります。

理事長 清水 隆明

ページトップへ戻る