バナー:IAUD国際デザイン賞2021 募集中 応募締め切り8月31日

メニュー

速報! 【しずおかユニバーサルデザインの絆 in浜松」

2009.12.10掲載

LINEで送る

静岡県浜松市の静岡文化芸術大学において、12月4日(金)・5日(土)の2日間にわたって開催されました。このイヴェントは、2010年10月に浜松市のアクトシティーで開催予定の「国際UD会議2010」のプレイヴェントとして位置づけされるものです。UDフォーラム実行委員会をはじめ地元の組織や行政が主催者となり、IAUDは共催という形で参加いたしました。またその他多くの団体の協賛や後援をいただきました。

<4日(金)>
遠くに富士山の美しい姿を望めるほど雲ひとつない青空のもと、主会場である静岡文化芸術大学講堂でイヴェントはスタートしました。開会式、記念講演、パネルトーク、特別講演などが順次行われ、午後4時30分?6時にはIAUDの研究開発企画部会のUD研究発表が行われました。大澤部会長より部会全体の概要報告に続き、各プロジェクトの主査より研究成果・活動状況が報告されました。
<5日(土)>
あいにくの雨模様となった5日(土)も、午前中から一般市民が参加する地元のUDイヴェントが開催され、午後にはIAUD主催の特別ワークショップ「48時間デザインマラソン」のプレゼンテーションと公開審査が行われました。また大学構内の「自由創造工房」では企業展示を、講堂ホワイエではIAUDのパネル展示を行いました。他にギャラリーやUDコンサートをUD実行委員会が進めました。主催者側の発表によると、2日間で延べ2500人の来場者があり、盛会のうちに終わりました。
(詳細はNewsletter 2010年1月号に掲載)

【特別ワークショップ「48時間デザインマラソン」】

大学講堂で開催されていたイヴェントに先行する3日(木)より、5日(土)までの3日間にわたって、特別ワークショップ「48時間デザインマラソン」が同大学内で開催されました。特別ワークショップも回を重ねるにつれ内容が充実し、IAUDが主催するイヴェントの大きな顔ともなってきました。
今回も金沢美術工芸大学の荒井利春教授の全体監修のもと、当事者であるユーザー、企業のデザイナー、学生ボランティア、運営サポーターなどがメンバーとして参加されました。プロの企業デザイナーがリーダーとなって5つのチームが結成され、ユーザーとの対話を基に具体的なデザイン提案までを48時間でまとめ上げるというプロセスの体験を共有したわけです。
今回のテーマは「浜松のフィールドからユーザーの切実な問題をチームで共有し、デザインリアリティーとマーケットリアリティーのある新たなデザインを創出する。」でした。
チームが作業する部屋のすべてから今回も熱いディスカッションの声が聞こえました。また早々に目標を設定して役割分担を決めて作業を進めるなど、いっぱしの「デザインオフィス」のようなチームもありました。他のチームに比べると作業がスムーズに進まず、あせった顔ばかりのチームもありました。しかし全てのチームが時間通りにメンバーそれぞれの特性を生かしたデザイン提案を立派にまとめあげました。その底力には感嘆するばかりでした。
特に今回は、今後展開を進めてすぐにでも製品化できそうな高いレベルの提案もあるなど、これまでに以上にリアリティー豊富な素晴しいものでした。会場の参加者による投票によって「ベストデザイン賞」、「ベストプレゼンテーション賞」が、審査員によって「チャレンジ賞」、「未来技術賞」、「チームシナジー賞」がそれぞれ選出されました。結果は以下の通りです。
◆ベストデザイン賞:Bチーム「Umami Dane」
 (アイデア・コンセプト・デザインにおいて優秀であったチーム)
◆ベストプレゼンテーション賞:Dチーム「Side by Side」
 (プレゼンテーションが優秀であったチーム)
◆チャレンジ賞:Cチーム「音で繋がる出会い」
 (難しいテーマに果敢に挑戦したチーム)
◆未来技術賞:Aチーム「i-Tone」
 (技術的な深い考察のもと、将来具現化できそうという視点で計画提案したチーム)
◆チームシナジー賞:Eチーム「KISEKIクレヨン」
 (メンバーがそれぞれの役割を完遂し、「チーム全体の充実感と成果」に結びついたチーム)

【展示・その他イヴェント】

IAUD活動紹介のパネル展示

企業展示、UD製品展示、学校・行政等のパネル展示、自助具展示など
 

浜松市の下記サイトも合わせてご覧ください。
・協賛:浜松商工会議所、(財)浜松観光コンベンションビューロー、はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会
・後援:浜松市教育委員会、静岡県教育委員会、社会福祉法人浜松市社会福祉協議会、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、テレビ静岡、静岡第一テレビ、静岡朝日テレビ、NHK浜松支局、K?MIX、Fm Haro!、中日ショッパー、びぶれ浜松、ぱど
<協賛交流イヴェント:はままつ冬の蛍フェスタ>
1月10日まで開催

ページトップへ戻る