バナー:IAUD国際デザイン賞2022 募集期間延長9/30まで

メニュー

IAUD・UDマトリックスVer.1.10

2009.02.27掲載

LINEで送る

2007年10月より公開してきましたVer.1.00のデータを最新版に更新したVer.1.10をリリースいたします。会員の皆さまにご活用いただき、ご意見・ご要望などお寄せください。


「IAUD・UDマトリックス」について

「IAUD・UDマトリックス」は、日本人間工学会・アーゴデザイン部会が開発・公表した「UDマトリックス」をベースに発展させ、独自に情報追加を行ったものです。

作り手がUDマトリックスを用いて、開発や評価を行うときに使い手との媒介をするという位置づけと、ポイントを示す概念図。

「IAUD・UDマトリックス」はUD製品・サーヴィス開発や、UD対応状態の明示の場面で、使い手(ユーザー)と作り手(提供者)を結ぶツールとして活用することができます。


「IAUD・UDマトリックス」の特長

  • さまざまなユーザーの特徴が一覧できます。(詳細分類、特徴、原因となる疾患、該当者数、自助具、一般配慮など)
  • ユーザーの特徴を簡単にまとめたシートをダウンロードして、フィールドワークに活用できます。
  • 調査や評価をするときのタスクの立て方の参考例があります。

IAUD会員の皆さまには、「IAUD・UDマトリックスver1.10」および「IAUD.UDマトリックスver1.10の解説書」をダウンロードしていただけます。


ご利用環境について

■IAUD・UDマトリックスver1.10
マイクロソフトオフィスエクセル2003エクセルで作成しています。
■ IAUD.UDマトリックスver1.10の解説書
Adobe Readerがインストールされている環境でご覧いただけます。

「IAUD・UDマトリックスver1.10」の使用にあたって


以下の利用条件を必ずご確認ください。
  • 本資料を利用できるのはIAUD会員に限られます。
  • 本資料を会員外に配布、転用することはできません。
  • IAUD会員は本資料を利用して製品やサーヴィスを評価、開発することができます。
  • 本資料を基に評価、開発した結果については、書籍・論文などで公表することができますが、本資料を利用した旨を明示し、その出典を明記してください。

なお、本資料の情報を利用してもたらされた結果は、すべて利用者の責任となります。IAUDでは一切責任を負うことができません。


また、ご利用にあたり、「知的財産の扱いに関する取り決め」を必ずご確認ください。

「知的財産の扱いに関する取り決め」(別ウインドウで開きます)

https://www.iaud.net/dayori-m/archives/0709/07-123000.php

上記の内容に同意いただける方は、[同意する]をクリックして、ダウンロードページへお進みください。


同意する
ページトップへ戻る