バナー:IAUD国際デザイン賞2022 募集期間延長9/30まで

メニュー

開会の辞 小島文代理事長

2012.04.10掲載

LINEで送る

ただ今、ご紹介に預かりました小島でございます。
故山本会長には約1年にわたり、その行動を通して、多くのことを教えていただきました。非常に感謝しております。

世の中にはユニヴァーサルという言葉が定着し、IAUDの活動も発足から10年あまり立ちました。

2011年は新しい視点を取り入れた活動を開始する時期ととらえ、その一環として、法人化タスクホース、検定タスクホース、また情報交流センターには国際連携の担当をもうけるなど、法人化やグローバルに対応できる体制の見直しを行いました。当時に国際会議も2年ごとに実施していく予定です。

IAUDは会員の皆さまが、自発的に活動し、また発言できる場であると思います。
多くの方からの発言を頂きながら、ユニヴァーサルデザインの活動を行う場でもあります。この考えをもって、これよりIAUD成果報告会を開催いたします。
活発なご質問、ご意見をお願いいたします。



 

インデックスへ戻る

情報交流センターからご報告

関連記事

ページトップへ戻る