バナー:IAUD国際デザイン賞2021 募集中 応募締め切り8月31日

メニュー

フランセスク・アラガイ Francesc Aragall

2021.06.28掲載

LINEで送る

写真:フランセスク・アラガイ氏
  • デザインフォーオール財団代表
  • IAUD国際デザイン賞審査委員:スペイン
  • President, Design for All International
  • Member of IAUD International Design Award Selection Committee: Spain

バルセロナ大学で哲学と文学を専攻後、生体力学やアクセシビリティ、エルゴノミクス、今やヨーロッパ全体に浸透しているコンセプトであるデザインフォーオール/ユニヴァーサルデザイン分野でキャリアを積む。デザインフォーオール/ユニヴァーサルデザインのコンセプトをヨーッパに広めたデザインフォーオール・ヨーロッパ(EIDD-Design for All Europe)で1998年から2001年まで代表を務める。現在はデザインフォーオール財団代表。

複数の大学院で講師を務め、国際会議での講演活動もよく行っている。執筆活動もしており、デザインフォーオール分野での著書には「the European Concept for Accessibility Technical Assistance Manual (2003年出版)」,「The HUMBLES Method for User-Centred Business (December 2011年12月出版)」、「Destinations for All(2017年出版)などがある。また、バルセロナを拠点にヨーロッパ、アメリカ、中東などで活動している建築技術デザインコンサルタント会社ProASolutions社のCEO兼オーナーでもある。アクセシビリティとモビリティ、持続可能性や使いやすさ、デザインフォーオールを専門としている会社である。さらに、同社をポルトガルのポルトにも設立した。1992年に開催されたバルセロナオリンピックでは、バルセロナ市議会で施設のアクセシビリティと交通機関を担当した。

現在は、デザインフォーオール財団代表。バルセロナ・デザインセンター(BCD)顧問、IAUD評議員も務める。



戻る



お問合せ

ご不明点やご要望は、事務局までお問合せください。

問合せフォーム

関連記事

ページトップへ戻る