バナー:IAUD国際デザイン賞 毎年開催

メニュー

21世紀のためのデザインIII、UDに関する国際会議報告 ブラジルUD国際会議における展示について

2004.12.20掲載

LINEで送る

ブラジルUD国際会議における展示について

イヴェント企画委員会 三浦 賢二(NTTドコモ)


国際会議会場の一角を利用して展示が行われ、IAUDブースを出展し、会員企業9社が製品やUDへの取組みの紹介などを展示しました。IAUD以外の出展は会議主催者であるAdaptive Environmentsなど数団体だけで、ほとんどIAUDの展示場と言って良い状況であり、具体的な製品、サービスという形で成果を出している日本のUDを強烈にアピールする結果となりました。


会場は出席者が休憩中に見ることができるように各会場間の共通スペース的な場所(ホワイエ)に設定され、IAUDブースの具体的な製品や映像などでの展示は興味深いようで、多くの方々がコーヒーを片手にご覧になり、活発な意見交換が行われました。


写真1:熱心に写真をとる人も 写真2:日本のUDを強烈にアピール

今回の展示会場は約50平方メートル程度の広さでしたが、次回2006年の京都では3000平方メートルのイベントホールを計画しており、十分なキャパシティがあります。2006年に向けてどんどん具体的成果を出し、日本の企業、団体のUD実践事例を国内外に積極的にPRしたいと感じました。



写真3:休憩時間に賑わうIAUDブース


IAUD会員企業の展示内容の概要は以下のとおりです。(展示順向かって左から)

  • 松下電器産業株式会社 パネル展示:UD6原則、UD対応製品について紹介
    製品展示:ななめドラム洗濯機、コードレス電話機、空気亜鉛電池(電池交換が容易)

  • 東京電力株式会社 パネル展示:UDに対する取組みについて紹介(TEPCO暮らしのラボ、電化住宅)

  • コクヨ株式会社 パネル展示:UD対応製品カドケシについて紹介
    製品展示:カドケシ

  • 富士通株式会社 パネル展示:視覚障害者、色弱者のアクセシビリティを高めるためのソフトウェアツールの紹介(PCによるデモ展示)

  • 株式会社東芝 パネル展示:UD対応製品事例について紹介(ノートPC、電子レンジ、エレベーターなど)

  • トヨタ自動車株式会社 パネル展示:UDに対する考え方、取組みについて紹介
    映像展示:ラウム、ポルテにおけるUDの取組みを紹介

  • 株式会社日立製作所 パネル展示:日立のUD活動の取組み紹介、Webのアクセシビリティ他(PCによるデモ展示)

  • 日本電気株式会社 パネル展示:UDポリシー、UD開発事例(銀行用ATM:現金自動預け払い機)について紹介(操作パネル部 展示)

  • 東陶機器株式会社 パネル展示:UDの取組みの歴史、UD研究所について紹介
    製品展示:UD対応ウオシュレット(温水洗浄便座)

  • IAUD パネル展示:設立趣旨、活動内容を紹介。IAUDパンフレットを配付。10日午後からは、2006国際UD会議開催予告ポスターを掲示。

UD国際会議報告 目次へ
ページトップへ戻る